teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

冬の海を潜る。。。

 投稿者:kayo  投稿日:2004年12月 5日(日)23時29分57秒 iwami174.iwami.or.jp
  通報
  12月4日(土)曇りのち雨
フィリピンで大きな被害をもたらした台風が接近していたこの日の海は、とっても静かで、穏やかな凪でした
水温は19~20℃ 透明度、透視度とも10m以上でした
一緒に潜ったのは、海をこよなく愛するキュートな中年ペア T支店長と修行僧さん
けっして中年トリオではありません(-_-;)

まず1本目は・・・久しぶりの深まてかたビーチ
海藻の林をぬけると、静かな静かなクリアな砂地が待っていてくれました
表層にはイワシの群れがきらきら
中層には海藻に隠れるようにチャガラのチビちゃんたち
底の方では砂に紛れるようになにかの稚魚がもやもやといっぱい
水温は下がってきているけど、まだまだたくさんの魚達がいて、嬉しくなりました
砂地の端っこに、ミナミアカエソ。。。今年はいっぱい見られたそうです
そしてステージに向かってゆっくり進みます
ステージでは、去年いたアカ八チハゼを探しましたが見つからず、クロユリハゼにも出会えず残念でした
でも、ここもお魚いっぱい。。。ホンソメワケベラが忙しく働いていました
ドロップでは、ダイナンギンポを撮影。。。ライトを当てるともぉ~って感じで海藻の根っこにからまってしまいました
ウミウシもいましたが、コイボくん以外はみんなちっちゃくて目立たないようにこっそりとしていました
ドロップから沖の根西⇒沖の根東へ
ここあたりから寒さがこたえてきたので、ステージから砂地と一気に帰路へ
元気なおじ様達をおいてEX  80分。。。潜りすぎた(-_-;)

しっかり体をあっためてから2本目のべえいへ
こんなにクリアなべえいは久しぶり。。。寒さを一瞬忘れる
すぐに、クサハゼのチビちゃん達を発見
ダテハゼもちっちゃいのにエビと共生していました
まずは、カザリイソギンチャクエビのもとへ
今日は波に振られることもなくしっかり撮影できました
それから、周囲をゴソゴソ
ミツイラメリウミウシがべえいにもいました
砂に埋もれて休んでいたのを起されて不機嫌そうなハオコゼ
巣穴からわずかに顔が見えるジョーフィッシュ
貝をすみかにしたクロイシモチ
司令官の口の中に入っちゃったタツノオトシゴ
それから、赤い体色のコノハガニ♀
アオリイカのチビちゃん・・・ちっちゃいのに威嚇のポーズ
相変わらずべえいは楽しい。。。また新しい生き物と出会えました
でも一番おもしろかったのは。。。。。
ジョーフィッシュの巣穴の入り口にカニ肉を置いておびき出そうとしたら、タイがちゃっかりエサ発見!とばかりに、さっとくわえて逃げていった。そのタイをナイフを出して必死に追いかける司令官。。。マスク水没でした^_^;
もっと潜っていたかったけど、さすがに2本目ともなると寒さを感じ始めるのも早い
またまた、元気なおじ様達をおいて先にEXしました

冬の海もいいですよ・・・
水温は、春先に比べたら、まだまだ高いのですが、セミドライにはちょっと辛い
いよいよ腹巻登場か・・・(まだ潜る気?????)



 
 
》記事一覧表示

新着順:3/100 《前のページ | 次のページ》
/100