投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ジャズコンサート

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 9月23日(日)14時48分2秒
   自宅近くの、川崎市有馬・野川生涯学習施設「アリーノ」でジャズコンサートを鑑賞した。
リーダーの福本純也は宮前区野川に住んでおり、彼の率いるカルテット(ピアノ・ベース・
サキソフォン・ドラムス)は、韓国・リトアニア・日本人の多国籍バンドである。
今回で4回目ともなり、会場の聴衆ともお馴染みであった。

ジャズを始め、民謡、童謡、クラッシック等を、時には演奏スタイルを変え、全11曲を
精力的に迫力のある演奏をしてくれました。
特に、ドラムス(韓国人)はテクニックが素晴らしく、演奏するたびに万雷の拍手を浴びて
いた。
 一流のメンバー、料金が低廉(1,000円)、自宅近くの会場、しかもステージからほんの数
メートルの近さで鑑賞できた、4拍子揃ったコンサートであった。
写真
   2-1  パンフレット
    -2  演奏風景
(追伸)会員の皆さん、どんどん投稿しませんか。
 

9月の映画鑑賞

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 9月13日(木)20時29分2秒
編集済
  9月の「V・mの会」(映画鑑賞)は、11日(火)にメンバー3名と会員5名の併せて8名が参加
した。
メンバーとの会話は上映開始前の15分と鑑賞後の5分ほどであるが、彼らの真面目で飾り気のない
行動を見ていると何かしら心が和むような気がする。

映画は、木村拓哉と二宮和也が共演した「幹察側の罪人」と救急救命士の活躍を描いた「コートブ
ルー・ドクターヘリ緊急救命」を2名と6名に別れて鑑賞した。
鑑賞後の会員は、いつものとおり「芳香園」にて乾杯し、団欒して散会した。

写真     当日の参加者
 

流しそうめん大会

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 8月27日(月)22時45分6秒
編集済
   8月25日(土)、NPO法人青葉の樹主催の「流しそうめん大会」に市川会長をはじめ鈴(代)
・八幡幹事と下田が参加しました。
同法人の役員が大幅変更となったので、新役員とのコンタクトを保つことも併せて、久しぶりに
参加しました。

 予想していたこととはいえ、厳しい暑さでしたが、程よい日蔭の下で、主催者の発表で73名
の参加者があり盛況となりました。
会場は、青葉台駅よりバス10分ほどの緑り豊かな田園風景が広がる「山下地域交流センター」
(元山下小学校の再利用)でした。
地域の人々と共に県会議員や市会議員の先生方も参加され私たちも久しぶりにメンバーの元気な
姿を見かけ、声を掛けました。

 スタッフが用意してくれた、地元野菜の大量の「天ぷら」に薬味を加えた「そうめん」は格別
の味でした。暑いとはいえ、屋外で飲食は美味しいものとなりました。後半は、輿水さんの仲間
が演ずる「マジックショウ」も開催され、見事な手さばきに見とれてしまった、「そうめん大会」
でした。

写真 3-1 来賓挨拶を行う市川会長
  -2 会場全景(左に市川会長、鈴木(代)、八幡幹事の姿が見える)
  -3 流しそうめん 流す人、食べる人
 

大蛇伝説

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 8月19日(日)22時06分9秒
編集済
  自宅近く、散歩コースの一角に「影取大蛇の伝説」の言い伝えがあります。
むかしこのあたり大蛇の棲む池があり、通りかかった娘が、水面に映った影を大蛇に
呑み込まれ、まもなく重い病にかかり死んでしまったという。以来、伝説と共に地名や
屋号に影取りの名が今も伝えられている。

  写真 1から3
 

地区センター祭り

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 4月 4日(水)21時09分52秒
編集済
   3月10日(土)と11日(日)の2日間、「大場みすずが丘地区センター祭り」
に参加、延べ20名(1日目11名、2日目9名)の会員が参加しました。ご協
力いただいた会員の皆様、ご苦労さまでした。
例年通り、29会は「ポップ・コーン」・「綿菓子」の製造販売と「くじ引き」
の販売をしました。それに先立ち、前日の9日には、6名の会員にて、借用した
器具の運搬とセッテングとポップ・コーン、砂糖、ラード、味塩など材料の買い
物をしました。
 当日は「あおば太鼓」から始り、「お汁粉」が配られて、大勢のお子さんが参
加しましたが、昨年の「餅つき大会」程の人気はありませんでした。
そのほか、焼きそば、フランクフルト、おやきの販売のほか、室内体育館では、
「こども遊び広場」が開かれ、紙クラフト教室、紙ヒコーキ、フラフープを楽し
み、竹細工・竹トンボ教室等で一日中賑わっていました。
 そのほか、シニアによる朗読クラブと空手クラブ・合唱・手話等、部屋やロビ
ーでは油絵、墨絵、焼物等、復興支援バザーとして各作業所の手芸品・食べ物の
販売もありました。
フィナーレは市が尾高校のダンス部による華麗な踊りもあり、若い躍動する姿に
圧倒されました。
 両日とも、好天には恵まれませんでしたが、当会の売り上げも、昨年よりは少
し上回り、最終日は、ささやかな打ち上げを行いました。

写真  (写真提供 小林幹事)
  3-1  準備完了 お客さんを待つのみ
  -2  「くじ引き」も好評
  -3   可愛いお子さん 何を話すやら
 

第27回「29会総会・懇親会」その6

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)19時43分41秒
    補足写真(終)
     その6-⑯★「エクセルホテル東急」30階からの展望
           晴天に恵まれて、見晴らし抜群。
           「二子玉川ライズ」タワー・多摩川の前方の
           高層ビル群は川崎市・武蔵小杉。

        -⑰★「講演会・総会・懇親会」盛大に、定刻で。
           笑顔の反省会。


        -⑱★「29会総会・懇親会」参加者19名。
           小林(登)幹事・「撮影・編集」。
 

第27回「29会総会・懇親会」その5

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)19時21分21秒
    補足写真
    その5-⑬★第3部・懇親会楽しむ会話。


       ー⑭★「尺八演奏」古越三男さん。


       -⑮★「ハーモニカ演奏」矢嶋年安さん。

http:// 

 

第27回「29会総会・懇親会」その3

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)19時06分54秒
   補足写真
   その4-⑩ ★「29会総会」・定刻開催・13時15分。
           市川会長の挨拶


      ー⑪ 市川会長の紹介で、
         ★元副会長・市村四郎夫人、公子さんのご挨拶。


      -⑫ ★第3部の「懇親会」に入って1時間経過、
         会話を楽しむ。

http:// 

 

第27回「29会総会・懇親会」その3

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)17時01分45秒
   補足写真
  その3-⑦★「開発全体スケジュール」
        2017年度から北口駅前広場利用を開始。
        「下記工事」を2019年度中の「まちびらき」を予定。
        土地区画整理の道路工事が2020年度中に完成。
      ア、土地区画整理工。
      イ、公園再整備工事。
      ウ、駅の南北自由通路・駅施設リニュ―アル。
      エ、商業施設の解体、新築工事。


    -⑧★「新宿ミラノ座跡地の開発について」:講師・29会 市川会長
      「計画概要」は前述。
      ★「都市再生への貢献」は下記のとおり。
      ア、まちの核となる新たな都市観光拠点の創出。
      イ、まちの回遊性とにぎわいを創出する
        都市観光インフラの整備。
      ウ、環境負荷低減、安心・安全に配慮したまちづくりの推進。

    -⑨ ★「29会総会開始」・ 13時15分~ 司会:下田幹事

http:// 

 

第27回「29会総会・懇親会」その2

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)13時55分56秒
   補足写真
  その2-④「開発方針ーコンセプト」
        駅、公園、商業施設が融合した時間消費とエンターテイメントの
        要素が兼ね整えた全く新しいライフスタイルセンターの創造。
        ~くらしの「楽しい」があふれるエンターテイメントパーク~

     -⑤ 「主な施設構成」
        ★各施設の相乗効果により集客を図る。
        ア、鶴間公園:水と緑の健康生活ゾーン。
        イ、商業施設:
          〇スケールアップするアウトレット
          〇食、遊び、ライフスタイルをテーマにした体感型空間。
          〇異なる楽しみ方ができる7ツの広場

     -⑥ 「施設計画」:駅施設の改良
          〇まちの玄関となる駅をリニューアル。
          〇 商業のにぎわいと鶴間公園の自然を感じる
           ことが出来る駅空間とする。
         

http:// 

 

第27回「29会総会・懇親会」その1

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 2月28日(水)12時46分24秒
      第27回「東急電鉄29会・総会・懇親会」開催
          平成30年2月9日(金)

 第27回「東急電鉄29会総会・懇親会」は昨年同様に「二子玉川エクセルホテル東急」
30階宴会場で開催されました。
幹事は二子玉川駅改札外に10時30分に集合、予定の配置に就いた。
?当日都合により2名の欠席者がありましたが、遠路長野県佐久市から元副会長市村四郎
夫人に参加を戴き、参加者は19名(会員17名)となりました。

?第1部・講演会(A・B): 市川会長の挨拶・司会で開催。(12時から1時間)
    想像を超えた整備再開発で「新しい姿の開業」を楽しみに期待できる非常に有意義な
    講演会でした。

 ★演 題 A : 「南町田の再開発について」
     講 師: 東急電鉄都市創造本部 開発事業部   総括部長 貝田 崇氏
              リテール事業部 商業開発部企画課 課長 山室幸司氏
     スライド放映による他、配布された下記の資料を参照。
   ①「Today,Tomorrow,TOKYU 2018」
   ②「駅・公園・商業施設が融合した新しい暮らしの拠点が誕生」
                    ~2019年度に開業予定~。

?「南町田の拠点創出まちづくりプロジェクト・商業施設計画の概要」
            ~町田市と東急電鉄が連携・共同で行う~。
 ①南町田駅前市街地の大街区化及び基盤整備。
 ②南町田駅南北間を連絡・地域住民の安全なアクセス路・歩行者ネットワークの整備。
 ③駅・商業施設・都市型住宅・鶴間公園の一体的な再整備・再構築。
 ④南町田駅のリニューアル。
  公園や商業施設と融合した開放的な駅空間とお客様の安全性・利便性の向上を図る。
 ⑤地域の防災・防犯性向上に資する機能の導入。
?質疑・応答:古越三男氏・出浦一誠氏。

 ★演 題   B  : 「新宿ミラノ座跡地の開発について」
       講 師 :  29会・会長 市川泰夫
?「歌舞伎町一丁目地区開発計画の概要」

 ①計 画 地: 歌舞伎町一丁目29番地
 ②地域・地区: 商業地域、防火地域、駐車場整備地区、シネマシテイ広場周辺地区。
 ③主要用途 : 宿泊施設、エンターテインメント施設、店舗、駐車場等。
 ④階数・高さ: 地上40階・地下5階・約225㍍。(東宝ビル・190mより高い)
 ⑤駐車台数 : 車 260台・自転車 165台。
 ⑥着工・竣工: 2019年度着工・2022年度竣工予定。

?第2部・29会総 会(13時15分~)
     1、司 会 : 下田幹事
     ① 開会の辞
     ② 会長挨拶: 1分間の黙祷・連絡事項
       ア、 物故者15名のご冥福を祈り「1分間の黙祷」を行った。
       イ、「地区センター祭り」への参加:3月10日(土)~11日(日)。
       ウ、「退職者の会」春の一泊旅行への参加:福島県東山温泉。
                        4月22日(日)~23日(月)。
       エ、 29会・「会計報告」 : 下田幹事
       オ、 元副会長・市村四郎夫人、公子さんの挨拶:(市川会長紹介)。

     ③ 「集合記念写真の撮影」 : 小林登幹事

?第3部・懇親会: 進行係・奥田・鈴木(代)幹事。(13時30分~15時30分)
   ①乾 杯 : 出浦一誠副会長。
   ②催し物 : アトラクション。
          〇 ア、尺八:古越 三男氏 ・ イ、ハーモニカ:矢嶋 年安
          〇 物故者の思い出・エピソード紹介。
            (市村四郎)市川会長(牛田英子)古越(佐久間利幸)東根作
            (桜井英正)下田(橋本津州)八幡。
   ③中締め : 東根作英一副会長。
                                     以上

? 以下補足写真18枚を6回に分けて補足します。

 その1-①「講演会」開始:司会・市川会長。

    -② 講師:左・東急電鉄都市創造本部 開発事業部 総括部長 貝田 崇氏
          右・都市創造本部 リテール事業部 商業開発部企画課
                              課長 山室 幸司氏
    -③「南町田まちづくり計画概要」
      駅・商業施設・公園の一体的な再整備と歩行者ネットワークによる拠点の創出。

http:// 

 

幹事会の開催

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 1月29日(月)18時17分57秒
編集済
  第5回幹事会は22日(月)、みすずが丘「地区センター」にて、開催した。
今回は、「29年度活動状況報告」を印刷・製本するために開催したもので、
当日は大雪が降る予報ではあったが、予定も迫っており実施した。

60部を印刷、製本することとて、全員張り切って取り組んだが、48ページで、
1部当たり印刷が3分掛かり、その後、ページを揃えてホチキスで止める作業で、
18時を過ぎ帰宅の足も不安となったので、48部の製本にて打ち切り、残りの
印刷は地区センターの前田館長に甘えることとして、製本は後日行うことにして散会した。

予想通り、バスは遅延し、あざみ野駅のバス停は家路を急ぐ乗客で、十重二十重と
なっており大混雑していた。その先、各幹事も苦労して帰宅したことでしょう。
「総会」は、会員の20名に加えて、市村令夫人と木村さんで、総員22名にて
開催される予定です。

   写真 (提供は八幡幹事)
   3-1  プリンターに取り組む市川会長・鈴木幹事
       -2  製本に取り組む幹事
       -3  製本風景
 

RK会・第249回その4(終)

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 1月10日(水)17時02分29秒
   補助写真その4ー⑩ 渋谷に向かう途中の山手線、車内広告が全て「ビジュアル」化されて、
            吊り下げ広告がなく「スッキリ」の新車。    13時02分撮影

         ⑪  渋谷駅前から1周して、再度バス停「渋41系統前」で。
                                   13時07分撮影

         ⑫終・やっと昼食場所「渋谷・山形屋」に到着。
            約2時間のささやかな忘年会で、幸多い新年度を誓った。
                                   13時30分撮影
                                 

http:// 

 

RK会・第249回その3

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 1月10日(水)16時28分4秒
   補助写真 その3-⑦ 池上線蒲田駅を予定より10分早く、順調に12時26分出発。
            出発直前に撮影。

         ⑧ 昨年12月に「90年振りにリニーアル」された。
           旧駅舎の切妻三角屋根を引き継ぎ、「木造美」を出して
           夜間はライトアップされて、「駅名標と屋号が美しく浮かぶとのこと。
                                    12時47分撮影

         ⑨ 五反田駅・池上線4階ホームから、山手線・2階ホームへ。
                                   12時55分撮影。

http:// 

 

RK会・第249回その2

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 1月10日(水)15時39分39秒
   補足写真その2-④ 渋谷駅前からバス渋41系統・定刻10時58分発で大鳥神社前に向かう。

         ⑤ 東急目黒駅前・地上1階から地下4階ホームに向かう。 11時40分撮影

         ⑥ ホームドア設置状況
           平成29年12月現在77駅中、主に東横線・目黒線など32駅に実施。
           (青色の?印が実施済)
           

http:// 

 

RK会・第249回その1

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2018年 1月10日(水)14時32分6秒
       ★RK会第249回「平成29年12月10日(日)」開催:晴・最高気温14℃★

★東急鉄道全路線巡り(Aコース):準一筆書き・一部バス路線利用=1日で全路線は無理
なので、A・B2回(Bコースは後日実施)のコースに分割した。

★集合場所:東横線・横浜駅構内B3・改札中、トイレ前に10時集合。(開催案内の通り)
参加者は6名(敬称略:佐伯正則、小林登、輿水士郎、鈴木良治、木村道子、八幡隆吉)。
現在の「東横線・横浜駅構内」(みなとみらい線開業時=平成16年以降)に来たことのなかった
会員が地下3階のこの場所に全員がスムーズに集合できてほっとした。
場所を教えてくれた東根作幹事に感謝でした。
★Aコース:「東横線」横浜駅(特急)→渋谷駅→バス渋41→大鳥神社→「目黒線」目黒駅
(急行)→多摩川駅「東急多摩川線」→蒲田駅「池上線」→五反田駅(ゴール12時50分)→
山手線で渋谷へ・「山形屋で昼食・満腹の懇親会」で楽しかった。

★今回の発見・確認の一部。
1 ホームの移動
A、東横線の横浜駅・渋谷駅ホーム→地下5階(B5)「他社線との相互乗り入れ時に変更」。
B、目黒線の目黒駅ホーム    →地下4階(B4)。
C、目黒線の多摩川駅ホーム   →2階の1・2番「平成20年武蔵小杉までの延伸時に変更」。
D、東急多摩川線の多摩川駅ホーム→地下1階(B1)の5・6番等を知らなかった。
2、「ホームドア」の設置状況
  現在、主に東横線、目黒線などで32駅に実施(写真・その6参照)
3、「編成車両数」
「東横線」が昭和36年の元電・運転士当時では最高5両編成が、現在は10両編成(平成25年の
 副都心線との乗り入れ時に導入で20㍍車)に変更。
「目黒線」が旧18㍍車で3両編成から20㍍車で8両編成に変更。
「東急多摩川線・池上線」は新旧同じで18㍍・3扉車・3両編成であるが車両の構造が全く
 新しく、車内が広くて快適に感じられた。
4、ワンマン運転
 東急多摩川線・池上線で採用(合理化)されており、運転のほかドア開閉もやっていた。
(世田谷線のワンマン形態とは若干違うようです)。
5、踏切
 目黒線の「目黒~大岡山間」の大部分が地下線に変更されており、踏切は少ない。
6、駅のリフォーム
 戸越銀座駅がリフオーム(写真⑧参照)で木造美を、夜間はライトアップで素敵とか?
7、山手線の車内広告が全て「ビジュアル」化されて吊り下げ広告がなく「スッキリ」。
  これも素敵であった。(写真?参照)
8、御嶽山駅ホームの下に「東海道・新幹線」が昭和39年から。とは知らなっかった。

  以下写真 12枚で補足します。
補足写真① 東横線横浜駅3階の集合場所から、地下5階2番線ホームへ。
    ② 横浜から27分で着いた、東横線渋谷駅地下ホーム・5階から地上に。
      渋谷の街は超高層ビル建設で活気ついていた。
    ③ 地下9番出口から出て正面が地下鉄銀座線、その奥がビル建設中の渋谷南街区。
      渋谷駅でも出口を探すのに時間がかかり、10時49分撮影でした。

★入社当時から数十年経過し、その間進歩・発展を続けてきた数多くの鉄道路線・駅施設
 などの一部を今日のRK会で発見、昔と比較確認できてワク、ワク楽しい一日であった。
★路線ごとの変化を事前に調べていたなら、もっと、もっと楽しく確認できたと思う。
 次回のBコースでも、新しく変わった路線・施設の発見、比較確認などで、楽しめたい。

★Bコース(後日開催予定)
「大井町線」大井町駅→溝の口駅→「田園都市線」中央林間駅→長津田駅「こどもの国線」→
 こどもの国駅→「田園都市線」長津田駅→三軒茶屋駅「世田谷線」→下高井戸駅→三軒茶屋
「田園都市線」→渋谷駅(ゴール・13時30分頃予定)。 以上

http:// 

 

新年の挨拶  RK会

 投稿者:佐伯正則  投稿日:2018年 1月 2日(火)14時38分35秒
  新しい年が明けました
本年も宜しくお願いいたします

昨年12月10日(日)に行われたRK会第249回は、同じ路線を通らず「東急電鉄全線」を一筆書きで乗車してみようということになり計画しました。しかし、全くの一筆書きは難しく、接続しないところは東急バスを利用したり、路線のダブっているところは省略したり、また、同じ箇所を二度通過することもあることなどから「準一筆書き」としました。なお、一日で全部は時間的に無理があることからAコース、Bコースに分けて実施することとしました。今回はAコースで東横線(24.2km、急行30分)横浜駅スタート・目黒線(11.9Km、急行17分)・東急多摩川線(5.6Km、10分)・池上線(10.9Km、急行22分)五反田駅でAコース五路線おわり。
*実施の段階では時間の変更箇所があります。
*写真は八幡さんのメールの寫眞を参照してください。
Bコースの実施日は未定です。

東急全線準一筆書き(1部バス利用)
Aコース
【スタート】①東横線横浜駅 ⇒ ②渋谷駅 バス渋41 ⇒大鳥神社前・黒1 ⇒ ③目黒線目黒駅
       10:12発特急  → 10:39着     10:50 ―――――――――――→11:45 11:57発急行
⇒ ④東急多摩川線多摩川駅 ⇒⑤蒲田駅 ⇒ ⑥五反田駅 ⇒ Aコース おわり
 12:07着 12:14発――――→12:35着 12:37発――→13:01着


Bコース
【スタート】①大井町駅 ⇒ ②溝の口駅  ⇒ ③田園都市線中央林間駅 ⇒④長津田駅  ⇒
    10:11発急行-→10:30着 10:38発急行―-→11:04着 11:05発急行-→11:10着 11:20発―-→
⑤こどもの国線こどもの国駅 ⇒⑥長津田駅  ⇒ ⑦三軒茶屋  ⑧世田谷線三軒茶屋駅⇒
 11:28着    11:30発―→11:37着 11:41発準―→12:07着     12:30発――→
⑨下高井戸駅 ⇒ ⑩田園都市線三軒茶屋 ⇒ ⑰田園都市線渋谷駅 【ゴール】 Bコース おわり
  12:47着 12:56発―→13:14着 13:23発――→13:26着
 

(無題)

 投稿者:e-tone  投稿日:2018年 1月 1日(月)15時44分34秒
  喪中の方もいらっしいますので、あえて「おめでとう」とは申し上げませんが、29会の皆様がお元気で過ごされることを祈念いたします。
昨年大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
 

新年の挨拶

 投稿者:下田次男  投稿日:2018年 1月 1日(月)10時23分59秒
  明けまして、おめでとうございます。昨年はお世話になり有り難うございました。
本年も宜しくお願いします。
「活動状況報告」では、毎年、奥田幹事には一方ならずお世話になっており、感謝しております。
特に今回は、幹事が自宅または近くの「喫茶店」などでインタビューを行い、その結果全会員が
掲載されておりますので、楽しみにお待ち願いたいと思います。

 

ご挨拶

 投稿者:奥ちゃんメール  投稿日:2018年 1月 1日(月)09時02分47秒
  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 

29会第4回幹事会:その2

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年12月30日(土)20時12分24秒
   29会第4回幹事会(H29年度)の写真が
下田さんの掲示板・投稿に出ていないので
添付させてもらいます。      八幡

http:// 

 

第4回幹事会

 投稿者:下田次男  投稿日:2017年12月27日(水)11時33分40秒
編集済
  29会第4回幹事会は、12月21日(木)の15時より、2名の幹事の欠席を除いて、
市川会長、出浦・東根作両副会長と5名の幹事にて、あざみ野の「地区センター」にて開
催した。
議題は
1,講演
*東急電鉄 貝田崇総括部長と山室幸司課長
 「南町田再開発について」
*29会 市川泰夫会長
 「新宿ミラノ座跡地の開発について」が決定しました。
2,報告事項
 ①「地区センター」祭り 「3月10(土)~11日(日)」に参加する。
 ②「退職者の会」の春の旅行 「会津東山温泉4月22日(日)~23日(月)」に
   29会として参加する。
3,集合写真
  当日の配布は厳しいため、後日手渡しまたは郵送とする。
4,その他
  総会・懇親会の参加者は、本人または奥様の体調等により、減少傾向にあるので、
  参加困難者に対しての対策を検討中です。
   案 ① タクシー代の一部補助
     ② 奥様と2名の参加は、その費用の一部を免除する。

 写真 (八幡幹事提供)
    2-1 会議中
    -2 懇親会



 

12月の「V・mの会

 投稿者:下田次男  投稿日:2017年12月26日(火)09時53分44秒
   12月の「V・mの会Ⅱ」は12月12日(火)に開催され、映画鑑賞はメンバー5名と会員6名が、懇談会はメンバー7名と会員6名が参加した。
 映画は下記を鑑賞した。
*「鎌倉ものがたり」
  人気漫画「鎌倉ものがたり」の映画化。人間だけでなく幽霊や廃物も住むという設定の鎌倉  を舞台に、ミステリー作家が新婚の愛妻と一緒に怪事件を解決していく。
*「オリエント急行殺人事件」
  アガサ・クリステイのミステリーの映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に世界的  な名探偵エルクユールポアが客室で起きた殺人事件の解明に挑む。
  各自が好きな映画を選び、「鎌倉ものがたり」は7名、「オリエント急行」は4名が観賞した。

   懇談会は、山本センター長も駆けつけて、総員13名となり、賑やかな会となった。
  市川会長より、挨拶の後、東レクの協力によりもう1年継続することになった旨の報告があ   り、その後、いつも通り、メンバーとスタッフはフリードリンク制を選び、何回もお代わり  することができ、十分堪能できた。
  みんな元気で、来年も一緒に楽しみましょうと約して解散した。
 写真
    3-1    懇談会(1)
    -2    懇談会(2)
    -3    参加した会員

 

RK会「横浜野毛山へ」その5終

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月30日(木)07時22分32秒
   補助写真その5(終わり)-⑬★「近代水道の父」と呼ばれるイギリス人。
               「ヘンリー・スペンサー・パーマー」(1838~1893)の胸像。
               (創設・水道建設の顧問工師長)
               神奈川県は水道対策に悩んで、パーマーに全ての計画・工事を委託。
               1885年(明治18年)4月に水道工事を開始。1887年
               (明治20年)9月に洋式水道が完成した。
               パーマーのお蔭で清涼な水が野毛山貯水池から市街へ配水された。
              「近代水道」の始まりであった。


            5-⑭★野毛山公園、野毛山貯水池の横に立つ「野毛山展望台」。


            5-⑮★横浜「ライオン相鉄店」で昼食会。
                (12時50分~14時30分まで)  13時14分撮影。
               ★参加者(敬称略):左手前から
                 出浦一誠・東根作英一・鈴木代志雄・輿水士郎・
                 右奥から鈴木良治・木村道子・小林登・八幡隆吉・下田次男
                 以上9名。


     

http:// 

 

RK会「野毛山へ」その4

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月30日(木)06時33分11秒
編集済
    補助写真その4-⑩「野毛山公園」案内板
            この公園は、かって横浜の豪商「原善三郎、茂木惣兵衛等の別荘庭園で
            あった。
            緑も多く、見晴らしも良く、大正15年に関東大震災で壊滅した、
           「浄水場」跡地(旧水道配水池の敷地)が加えられて野毛山公園として
            開園された。
            約250本の桜が茂る園内には、展望台や「近代水道の父」と呼ばれる
            イギリス人・「ヘンリー・スペンサー・パーマー」の胸像、などがある。


        4-⑪「水道のみち・トロッコの歴史」案内板。
            この水道みちは、「現、相模原市緑区三井」から「横浜市西区野毛山
            浄水場までの44㌔」を明治20年(1887)に日本初の「水道」と
            して創設された。その資材運搬で「トロッコ」を使用して水道管を
            施設した歴史「記念案内板」である。


        4-⑫「野毛山公園・展望台」に上がって横浜市の中心地・高層ビルを背景に
            集合写真をパチリ。 12時03分撮影。

http:// 

 

RK会「野毛山へ」その3

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月30日(木)05時57分1秒
   補助写真その3-⑦ー?「野毛山動物園」で集合写真。

       3ー⑧-?「野毛山動物園」・「アミメキリン」

       3-⑨-?「フラミンゴ」

http:// 

 

RK会「横浜野毛山へ」その2

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月30日(木)05時35分48秒
   補助写真その2-④ 掃部山公園「井伊掃部頭直弼」銅像の前で集合写真。

       2-⑤「伊勢山皇大神宮」に参拝後、鳥居の前で集合写真。
           この神宮は明治3年(1870)に県知事が国に願い出て、
           神奈川県の総社、横浜市の総鎮守として創建。伊勢神宮と同じく
           天照大神宮を祭神として祀っているとの事。
           急にぱらついた小雨が晴れて「グー」でした。

       2-⑥「野毛山動物園」-?園内見取り図

http:// 

 

RK会「横浜野毛山へ」その1

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月30日(木)04時50分36秒
編集済
       第248回RK会:「掃部山(かもんやま)公園・野毛山動物園」

         ★11月8日(水)開催:曇一時小雨・20℃

 ★ 今日は、憩いの場として人気高い野毛山、横浜市の中心地・西区の小高い丘に広がる緑
  豊かな公園、動物園など、それに行く先々から見下ろす展望、横浜の素晴らしい街並・港
  みらい地区の「新しい発見と感動」を満喫することができた。

 ★ 集 合:JR桜木町駅西口 改札外10時
 ★ コース:JR桜木町駅→「鉄道創業の地・記念碑」→「旧東急東横線・高架下」→紅葉坂
   →「掃部山公園」→横浜能楽堂→「伊勢山皇大神宮」→成田山横浜別院→野毛坂→「野毛山
   動物園」→「近代水道発祥の地・野毛山公園・展望台」→京急・日ノ出町駅→横浜駅。
   下見を晴天に恵まれた昨日・11月7日(火)・実施。
   お蔭で本番では、各所の時間配分を検討しながら最後の昼食地「横浜駅・ライオン相鉄店」
   に予定の13時前に到着することができた。

  ★スタートは定刻10時05分。先に渡したチラシを見ながら最初に国道沿い関内駅方向、
 直ぐの場所で「鉄道発祥記念碑」を見学、次に駅・高島町方向に戻りながら直ぐに旧東横
 線高架下歩道を通過、紅葉坂を登って紅葉坂公園を右折、県立音楽堂横から正面「掃部山公
 園」に到着した。
  公園内の急な階段を登ってトイレ休憩後「井伊掃部頭直弼・銅像」前で集合写真。
 予定より若干遅れ気味であったのですぐに出発。「横浜能楽堂」前を通過。
 紅葉坂通りを横切って「伊勢山皇大神宮」の裏門から64段の階段を上り参拝後、階段を
 下る途中の鳥居をバックに集合写真をパチリ。
  次は「成田山横浜別院」を通過、坂路を下って「野毛坂交差点」に。
 直ぐに「野毛山公園」となるが高台になるので「園内」へは入らずに「野毛山動物園」
 に直行した。・・登り坂で「石畳の野毛坂」を約10分で「野毛山動物園」に到着した。
 入場無料の動物園には約300種の動物が飼育されており、大勢の小学生で賑わっていた。
 直ぐに集合写真を撮り、園内は坂道が多いので案合図を見ながら約30分の散策とした。
 次に「水道のみち・トロッコの歴史」・「旧野毛山水道配水池」横の「展望台」に向かった。
 「野毛山公園・展望台」は3階建て、10㍍以上のエレベーター付き階段を上っての見晴
 らしは見事でした。
 展望台からはランドマークタワーをはじめ、みなとみらい地区の高層ビル群・神奈川県庁・
 横浜ベイブブリッジ・神奈川県庁・マリンタワーなど横浜の中心地の眺めは絶景でした。
 その昔、今から約350年前の関内駅付近は海であったが新田開発の埋立てが行われて、
 寛文7年(1667)に完成、整備されてきたとのことでした。
  予定時刻の12時となって、写真撮影後は「京急日ノ出町駅」に向かって急な坂道を下り
 続けて帰路に。最終目的地「横浜駅ライオン相鉄店」には12時40分到着、昼食懇親会
 後14時30分に解散・途中の小雨もパラパラで、寒くもなく大変お疲れ様でした。
    以下5回に分けて15枚の写真で補足します。

 補助写真1-①「鉄道創業の地、記念碑」:
     今から145年前の1872年(明治5年5月7日)に日本で初めての鉄道が開業して、
     品川~横浜(現在の桜木町駅)間が運行された。
     鉄道開業の頃に使われたレールを柱にした「この記念碑」には、当時の
     「駅の風景や時刻表・鉄道乗車心得」などが刻まれていた。

     1-②=これは、旧・東急東横線が現在のJR桜木町まで運行されていた頃の
     「線路跡高架下約1㌔」で、私八幡・東根作英一さん・故市村四郎さんが
     56年前の東横線元住吉電車区「運転士」であった頃が甦ることができた。

     1-③「掃部山公園」案内板:明治初期に外国人鉄道技士の官舎があり、
     鉄道貯水池だったこの土地を大正3年(1914)に井伊家の家臣であった
     元彦根藩の人達が買い取って公園にし、園内に開港の功労者であった
     「井伊掃部頭直弼」の銅像を建てて、横浜市に寄贈した。
     銅像の顔の向きは、横浜の港町を見つめているとのことでした。






http:// 

 

RK会・第247回その5

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月11日(土)00時01分13秒
   補足写真その5-⑬ 日本庭園で集合写真。 13時35分撮影。

       5-⑭ 「七賢堂」を背に5名集合写真。 13時23分撮影。
           「七賢堂」は元々、明治36年に伊藤博文が、明治維新の元勲のうちの
           岩倉具視・大久保利通・三条実美・木戸孝允の4人を祀った「四賢堂」
           を自身の邸宅「滄浪閣(大磯こゆるぎ緑地の隣)」に建てたものでした。
           伊藤博文の死後、婦人により伊藤博文を加えた5人が祀られ、「五賢堂」
           となった。昭和35年に吉田茂邸に移設され、昭和37年に吉田茂が
           西園寺公望を合祀し、吉田茂の死後、昭和43年に佐藤栄作の名によって
           吉田茂が合祀され「七賢堂」となった。
           正面の扁額「七賢堂」の文字は佐藤栄作元首相が書いたものです。

       5-⑮ 「吉田茂銅像」前で6人合同写真。  13時30分撮影。
           昭和58年に「吉田茂、澤田美喜両先生顕彰建立委員会」によって建立された。
           日米講話条約締結の地、サンフランシスコと首都ワシントンの方角に顔を向けて
           いるといわれている。
           銅像付近からは眺望が良く、富士山、伊豆半島、相模湾、房総半島などが
           一望できる。

http:// 

 

RK会・第247回その4

 投稿者:八幡隆吉メール  投稿日:2017年11月10日(金)23時09分7秒
   補足写真その4-⑩ 2階「銀の間」
           吉田茂の寝室兼、書斎として利用。
           部屋の装飾品には「銀」を使用していた。
           この部屋の「ベット」で89歳の生涯を終えた。
           部屋のガラス棚には蔵書が並べてあり、ベットの
           窓際には執務机が置かれていた。

       4-⑪ 2階「応接間兼吉田の私的な書斎」。11日の下見時に撮影。
           この部屋の「浴室」にはヒノキ造りの舟形のお風呂・
           他に官邸直通のダイヤルのない黒電話が置かれていた。

       4-⑫ 「日本庭園」
           この日本庭園は、池を中心に散策できる「池泉回遊式」。
           設計者である造園家中島健は、「数寄屋建築の本邸」との
           調和や草花類を多く取り入れて、色彩豊かな庭造りで
           昭和36年頃完成した。
           見事な「黒松」も数本観ることが出来た。


           

http:// 

 

/21