teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


イベントの告知です。

 投稿者:演劇大学実行委員会メール  投稿日:2010年 1月29日(金)15時33分18秒
  突然の書き込み失礼致します。

演劇大学 in 熊本2010

開催日
2010年2月4日(木)~7日(日)
定員50名

開催場所
熊本県熊本市大江2丁目7-1 熊本県立劇場(和室・中会議室)
(備考)県外の方の参加者はビジネスホテル(劇場近く)予約できます。

【イベント説明】

今年で4回目の演劇大学もいよいよ熊本,最終回! 演劇大学in熊本2010
くまもと演劇のげんざい~漱石「夢十夜」から、は・じ・ま・る

■日時
2月4日(木) ☆講座 午後6時30分~午後9時
2月5日(金) ☆講座 午後6時30分~午後9時
2月6日(土) ☆講座 午前10時~午後 5時
☆シンポジウム 午後 6時~午後 8時
       「地域演劇の可能性」
2月7日(日) ☆講座 午前10時~午後 6時
「夢十夜」発表会 午後3時より和室にて

■講座内容
夏目漱石の「夢十夜」をもとに劇を創りあげて行きます。   演出家・俳優養成のための集中セミナー。
① 初心者コース
② 中高年コース(40才以上)
③ 学生演劇コース
④ 一般コース
※「夢十夜」の脚本化から作業に入るため、演出希望の  方には当日までに脚本を作成して頂きます。
※「地域演劇の可能性」と題し、九州演劇人による
シンポジウムもあります。

■料金
☆講座受講料  : 5000円(シンポジウム参加料含む)
4日間参加が原則ですが、困難な方は実行委員会までご相談ください。
☆シンポジウムのみ : 1000円

■主催 日本演出者協会/日本演出者協会熊本ブロック/演劇大学in熊本実行委員会/熊本演劇人協議会
■協力 (財)熊本県立劇場

【ドラマドクター(講師陣】
流山児 祥
(流山児★事務所代表。演出家。劇作家。俳優)

瓜生 正美
(青年劇場を創立。日本劇団協議会会長、日本演出者協会理事長などを歴任)

古城 十忍
(熊本日日新聞政治経済部記者を経て1986年、劇団一跡二跳を旗揚げ。現在、ワンツーワークス主宰)

坂口 瑞穂
(劇作家、演出家。黒テント芸術監督2008年より就任)

和田 喜夫
(楽天団主宰。日本演出者協会理事長)


■詳細お問い合わせ/お申込み先
演劇大学in熊本実行委員会
〒861-8066 熊本市清水亀井町15-26 上村マンション102号
TEL/FAX:096-343-0334 E-mail: yumesajiki@ybb.ne.jp

(参加についての備考)
予約が必要です。実行委員会までお問い合わせ下さい。


ドラマドクターはとても豪華な面々です。
演劇経験者の方も、初心者の方も、この機会にぜひお越し下さい。
 
 

届きましたぁ^o^

 投稿者:ぐっさん  投稿日:2009年 1月12日(月)22時56分52秒
  お年玉プレゼントの手ぬぐい^v ゜

ありがとうございます´▽`


九重町民劇場は昨日が稽古始めでした
今秋に大分市内での公演が控えていますので、
気合いが入りますOK

また、みなさまとお会いできる日を
楽しみにしております
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:こてつ  投稿日:2009年 1月11日(日)09時37分35秒
  真夜中ミサイルへのご来場誠にありがとうございました。

ずいぶん遅いご挨拶になってしまったこと
新年一発目の書き込みがぼくであること
に深くお詫び申し上げます。。。。

届きました!!!
っ猿船特製手ぬぐい!
かわいい!

さっそく、神棚に飾って毎日手を合わせてます。
手ぬぐいもいいのですが
誰か僕の尻拭いしてください。

今年はみなさんOFFモード?
芝居がないから気楽でいいやとか思ってます?
んなことないですよね!

猿船さんとしてのイベントは目白押しではないのでしょうか?
期待しています。

ミサイルもとの絡み実現したいですね。。。


長くなりましたが、今年も皆さんにとって幸せな一年でありますように!

真夜中ミサイル代表 イトウタクミ
 

よいお年を(^^)/

 投稿者:ナポレオン  投稿日:2008年12月30日(火)14時10分43秒
  今回第一章最終公演の実行委員長をさせていただき、スタッフ・役者はもとより、たくさんの方々に多大なるご協力をいただきありがとうございました。
毎回 この公演が終わると「充実感」と「寂しさ」と、なんと言いますか「ふ~~~~っ」っといった言葉にならない気持ちで一杯になりますが、長年「猿船」にかかわってきた人、今回が初めての人も 寂しさの方が少し勝っているのではないでしょうか?!
それもそのはず、来年は伊藤茂と一緒に芝居が出来ないのですからね・・・。
伊藤茂との出会いは誠に偶然によるものでした。杖立の喫茶ジュンで・・・・。
第一印象は勿論!「あ・や・し・い・(笑)」とそう多くの人がそう思ったことでしょう。私もその一人でありました。
まして、小国の文化で一ヶ月以上も芝居のために仕事も出来ず小国に滞在して、まさしく無報酬で猿船のために頑張るなんてありえないし、誰も想像もつかなかったことでしょうね。今でも、そのことが地元の多くが理解できてないように思えます。
私も芝居の持っている力がいまだに想像を絶っしていて その奥の深さに驚愕する事ばかりでした。
しかしながら、私の人生70~80年(多分^^;)この、8年間で経験したことは
大きな収穫だったと確信します!
猿船に出会ってなければそれなりに ゴルフもシングル・野球もソフトバンク入り・管理栄養士の免許取得?!(これはAサミか) できていたでしょう~~~~~~。(笑)
まぁ、普通に仕事していただけでしょうね(笑)
山田さん、中村さん、S、けんた、かじわら、平川、サラン、くにえさん、さえ、はんだ君、佐藤君、ジュンコちゃんとおまけの貝瀬、ユリちゃん、言い出せばきりが無いたくさんの人達との出会いもありえなかったでしょうね。
「人も石も磨かなければ光らない」といった人がいます。人は多くの経験をすることが「磨く」という事になると思います。
損・徳 という事ではなく、いつしか役者・スタッフに必ずこの経験が人生のサポートとなってくれるものと信じております。
 その貴重な体験をさせてくれた 伊藤茂に心より「ありがとうございます」と
言わせてもらいます。これからも、小国は第一の故郷と思って里帰りしてください。
 第2章の幕開けは、私達の想像を超えたものになるのかも知れませんが その時は皆さん力になってやってください。なんかちょっとワクワクしてきます。
なんか、言い尽くせませんが年の瀬も押し詰まって、遅ればせながら書き込みさせてもらいました。
皆さんにとって 2009年がよいお年でありますように!

  PS:新年会はみなさん出席してね(東京組もだぞ!)
 

お世話になりました

 投稿者:伊藤茂  投稿日:2008年12月22日(月)16時39分49秒
編集済
  猿船で台本などを担当させていただいた、伊藤茂です。
まずは、年の瀬と、決して天候に恵まれない中
わざわざ、足を運んでくださった方々に感謝いたします。
本当にありがとうございます。
少しでも感情のどこかに触れるものがあれば幸いです。


そして、八年間、その歳月はどうであれ、関わった仲間に感謝します。
僕という演劇の中でもアンダーグラウンドという異端な環境で育ったものを
戸惑いや複雑な心境があったのでしょうが
よくぞ、今まで放逐せずに受け入れてくれました。
本当にありがとうございます。

思えば八年間というものは、月並みですが長くて短い歳月でした。
色んな仲間と出会い、別れてきました。
僕はこの年になっても、無分別でデリカシーがなく、至らない所ばかり。
嫌気が指した方も多いと思います。
さらに作り上げた芝居が面白くなくて離れた方も多かったのでしょう。
本当にごめんなさい。

とはいえ、僕は幸せ者で、この八年間、自分の表現の場所を皆様と作ることができました。
僕は猿船を劇団ではなく表現活動の場所と考えてきました。
芝居という表現活動は、もっとも安直で、誰でも出来る事だと思います。
ただ、それは安直であるがゆえに葛藤や抗い等の苦痛をともないます。
表現なんて、あるかないかも分からないものを探し続ける、果てしのない旅です。
何も得るものなく去っていくなんてことは当たり前の世界でしょう。
本当にハイリスク、ローリターンです。

その形が、どういう風に皆様の目に映ったのか
さらに携わった人たちに一応、どのような果実を実らせたかは分かりません。
僕自身の中でさえも未だに答えが出せません。
それが、ちょっとでも次の活動、次の生き様の役に立てれば幸いなのかなと思うだけです。

とにもかくにも僕自身は猿船から、いったんは降ります。
次の航海など何も決まらぬ中での下船ですが、
いつの日にか皆様とお会いしたいと勝手に思っています。
漂えど沈まず、僕はその日のために生きて生きます。

それでは本当にひどい社会状況ですが、沈むことなく生きていきましょう。
八年間、ありがとうございました。
お疲れ様でした。
最後に一年目の芝居で使わせていただいた言葉を
「バイヤコンディアス!(神とともに行け!)」
ではお元気で。
 

本当にありがとうございました。

 投稿者:asami  投稿日:2008年12月17日(水)13時26分8秒
  奇跡的に無事8回目の公演を終了することができました。
実のところ、ちゃんとみせられるんだろうか・・・今年こそお客さんも来ないのでは・・・とそんな不安を抱えてしまっていたのですが、た~くさんのお客様に来ていただいて、本当に本当にうれしかったです。ありがとうございました。
「もったいないよ、またやってよ」というありがたい言葉もたくさんいただいて、本当にうれしいです。
8年続ける中、不安もいっぱいでしたが、やってきてよかったなと本当に思いました。
ここまで続けられたのも観に来てくれたお客様、協力していただいた地元小国町をはじめとするたくさんの方々のおかげです。本当に本当にありがとうございました。
また、どこかでお会いできたらいいなぁ~なんて思いつつ・・・



>ぐっさん
稽古も観に来てくださり、差し入れもありがとうございました。
九重町民劇団の公演、今度こそ見に行きたいです。
九重での活動がんばってくださいね!応援しています



>シェリさん
二回も観ていただいてありがとうございます。
二時間を越えてしまうのでしんどいのではと心配していたのですが、お子さんも真剣に観てくれたと言うことでうれしいです。
どうもありがとうございました!
(今は迫力がなくなり抜け殻になってるハニービーです・・・)


>せいぼうさん
初めてのご来場になるのでしょうか、どうもありがとうございました。
ラストの花畑、スタッフの方が一ヶ月半かけて仕組みから練り、試行錯誤しながら完成したものでした。それにひき立てられたからこそ、ビプラン&ハニービーも笑えたのかな?!
なんて。うれしいお言葉ありがとうございました。
 

危うく・・・

 投稿者:せいぼうメール  投稿日:2008年12月15日(月)15時20分37秒
  演劇は総合芸術。ストーリー、役者さん、照明、音響等どれもが創造を超えていました。また来年も観たいっ!そう思いました。ラストの綺麗な花畑と、ビプラン、ハニービーの笑顔。泣いちゃいそうでした。子供たちが出てくると会場の空気まで浄化されますね。もう少し余韻に浸ろうと思います。会場も風情があって素敵でした。  

お疲れ様でした^^

 投稿者:シェリ  投稿日:2008年12月14日(日)22時23分50秒
  14日(日)に、娘と二人で2回とも見てきました。
すごい迫力で、ストーリーも演技も素晴らしく、引きこまれました。
正直、子供の集中力が心配だったのですが、子供にも訴えるものがあったらしく、「もう一度見たい!」とリクエストされたんですよ。
どっちも最後まで一生懸命見ていて、「面白かった!」と喜んでいました。
彼女はビプランが御贔屓だそうです^^
私は子供5人組のかわいさと、ハニー・ビーの迫力にやられました。



来年はないんですね。
残念ですが、またいつか2部で復活するときを待っています。
 

初日おつかれさまでしたぁ

 投稿者:ぐっさん  投稿日:2008年12月13日(土)22時13分33秒
  13日の夜に伺いましたぁ

千秋楽が終われば、新たな扉が開くはず^v ゜

とりあえず、
初日の疲れは、初日のうちに^皿^OK
 

おきばりやす

 投稿者:中村虻八  投稿日:2008年12月13日(土)14時38分37秒
  伊藤くんほか皆さんへ

サランのかーちゃんのブログで今日から本番だと知りました。
公演の成功をお祈りします。
また、お会いしましょう。
 

レンタル掲示板
/10