teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


CD届きました

 投稿者:富山の鳥居  投稿日:2010年 3月 7日(日)11時17分57秒
  昨日、CD届きました。ありがとうございます。
早速聴きました。

感動です!

夕方から学習塾をやっている関係で、女子高校生にちょっと聴いてもらいましたが、
良かったって言ってました。

私はちょっと違う感動なのですが、初期の岩瀬君のピアノがどこかに残っている気がするのと同時に、ビルエヴァンスの「枯葉」をはじめて聴いて感動したときのことが交錯しました。うまくいえないのですがこれからも機会があればレコーディングにも力を入れていただきたいなと思います。
 
 

CD発売おめでとう

 投稿者:堀川 宗尊メール  投稿日:2010年 3月 6日(土)14時04分49秒
  岩瀬君 大変ご無沙汰しております。インターネットを見てびっくリしました。
数曲ネットで聞きましたが、大変すばらしい曲と演奏で、惚れ直しました。ぜひ購入
したいと思います。 近いうちに再会したいと思います。
 

CD発売おめでとう

 投稿者:富山の鳥居メール  投稿日:2010年 3月 4日(木)10時15分56秒
  岩瀬くん、ご無沙汰しています。
鳥居です。

いつも活躍されていること、うれしく思います。
昨年の秋には久々の再会を果たし、満足して帰りました。
荒崎さんとも偶然再会できましたし、感謝感謝です。
CDの発売お待ちしておりました。今日たまたま掲示板を除いたら
この件のお知らせを見つけました。早速注文いたします。

また、ひょっこり京都のライブハウスを覗くかもしれません。
よろしく。
 

CD完成

 投稿者:岩瀬章光  投稿日:2010年 3月 3日(水)17時45分10秒
  ピアノトリオのCDが出来ました。レコーデイングから1年以上かかりました。

内容、購入方法等は「Live&Voice」をご覧ください。
 

Re,

 投稿者:岩瀬章光  投稿日:2009年12月24日(木)22時28分28秒
  (大)久しぶりです!
お元気そうですね。CD製作はすべて現地(オーストラリア)でしていて、先月ミキシングがフィニッシュ(やっと)。今月からジャケットにとりかかった(らしい)ので間もなく形になると思います。
で、実は今年9月にも現地の同じスタジオでイスラエル人歌手(Amir)のバックを同トリオでレコーデイングしたので、(録音後に)やるべき作業はかなり多かったはずです。
CD情報は当掲示板、Live&Viceにアップしていきますので、宜しくお願いします。
 

聞きました!!

 投稿者:ヤスダ  投稿日:2009年12月24日(木)01時33分8秒
  先生、ご無沙汰しています。久しぶりにHPを覗いてみて、CDの事を知りました。
早速試聴させて頂きました。「Bee Hive」良かったです!生意気なようですが、以前聞いた時よりも、ずっとより完成されて、凄くいい曲になって、ゴキゲン♪です。他の曲もハーモニーが奇麗で早くCDが聞きたいです!!
CANDYのライブは行った事がないのですが、このトリオいいですね~~DrもBaseもとっても気持ちいい~~~~
先生のますますの御活躍、楽しみにしています。
 

岩瀬トリオ視聴

 投稿者:岩瀬章光  投稿日:2009年12月22日(火)11時04分7秒
  今年(2009)初め、オーストラリアでレコーデイングした演奏の一部が[Myspace]で視聴できます。CDは近日中に完成予定です。 www.myspace.com/akimitsuiwase

宜しくお願いします。
 

Re続刊

 投稿者:岩瀬章光  投稿日:2009年 9月23日(水)00時59分39秒
  具体的な予定は今のところありませんが、少しグレードアップしたハーモナイズ集続刊、とか良いかもしれませんね。

もし具体化したら当HP内「LIVE&VOICE」に案内載せます。

リクエストありがとうございます。
 

続刊

 投稿者:ミュニエ  投稿日:2009年 9月20日(日)08時13分52秒
  岩瀬先生、ご返信くださり、誠にありがとうございます。

大変わかりやすい説明で、もやもやしていたものがすっきりしました。

ビル・エヴァンスの演奏は、楽譜にされたものも多いので、早速購入して検討してみたいと思います。

ソロピアノに関することですが、岩瀬先生の「ジャズ・ピアノ・ハーモニゼイション」でスプレッド法がとても実践的と思いました。
岩瀬先生に是非お願いしたいのですが、上記の本の続刊のご予定はございませんか。
より多くの曲でスプレッド法を練習したいと思っています。
誠に勝ってな希望ですが、是非ともご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。
 

Reドロップ2

 投稿者:岩瀬章光  投稿日:2009年 9月19日(土)22時52分40秒
  ミュニエ様
良く勉強されているようで著者として嬉しく思います。

さて、ジャズピアノにおけるドロップ2の技法というのはオーケストラ(ジャズのビッグバンドなど)のパートの一部から派生してきていると考えられます。
具体的にはたとえば4本のサックスに対してこの技法が施されていたりします。
でもこのとき実際には20人以上の他の奏者が同時に別の仕事(他の管のハーモニーやリズムセクション等)をしているわけで、サックスのみの音が鳴っている場面というのは極たまにしかありません。

ピアノトリオの場合もベースがいるのでドロップ2の4声だけでもちゃんと機能します。

しかしピアノソロでドロップ2の場合は、先にルートを鳴らしてから弾く(後にルートもあり)とかの工夫が必要でしょう。

あとノンコードトーンの場合はディミニッシュに頼る場合が多いように思います。

いずれの問題も、ビル・エヴァンスやオスカー・ピーターソンなどの偉大な演奏家のトリオやソロを検証して彼らの解決策をその中に見出す事によって真の納得に至ると思います。
(このあたり、丸投げ的回答と言われそうですが、音楽の真実は教師の口からではなく実際の優れた演奏からのみ語られると言いたいワケです。)
 

レンタル掲示板
/11